札幌おいしいランチとクーポンを配り隊

札幌市内近郊の人気のおいしい店や安い穴場ランチ、クーポンをご紹介!

【番外編洞爺湖】札幌日帰りプラン!!洞爺湖って素晴らしい。

今回も番外編として、洞爺湖の魅力について書いて行きたいと思います。 洞爺湖は札幌から高速で2時間ほどの場所にあります。

温泉街として有名で、プールもあるのでお子様も楽しめるスポットです。 今回私はかの有名な宇宙一大浴場のあるサンパレスへ宿泊しましたので、そちらも合わせて書いていきたいと思います。

洞爺湖は第34回主要国首脳会議で、ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパが会場とされたことでも有名な場所です。

 

宇宙一大浴場サンパレス

この日は北海道民であれば誰もが1度はテレビCMで見たことがある、サンパレスへ! 入り口へ入るとCMとまったく同じ光景が広がり、その美しさと一致さに感動しました。

いやさ、やっぱテレビCMともなると照明やら何やらで良くみせようとするでしょ?w 微塵の狂いもなく、CMとの一致でした! 洞爺湖 日帰り 温泉

サンパレスは日帰り入浴が安くて、プールも温泉も楽しんで大人800円・子供500円です。

安いーーー!!!!

しかし今回私は1泊しました。 チェックインは14時からですが、11時頃に到着をし、荷物を預けてまずはプールへ。

 

まだお部屋へ入れないので、日帰り入浴者の控え室へ案内されました。 プール利用者は靴を館内靴に履き替えてからプールへ行くシステム。

余談ですがこの館内靴が下駄みたいなのなんだけど、除菌とかされていないようで無造作に置かれていました。 おかげで私、生まれて始めて水虫になったようで本当にむかつきますww いっそのこと裸足で行くことを推奨します。

 

話をプールの話へ戻します。 プールは並の出る大きなプールが1つと、ウォータースライダー小・中・大の3台。 浮き輪を使って滑る滑り台が1つの合計4つでした。

プールはCMの方が盛られている感があり、CMより古いです。 しかし監視員もしっかりいて、そこそこ楽しめました。 館内の飲食店などは14時と20時以降開店のお店が多く、早い時間に行った人は近隣施設の飲食店などを利用することになるかと思います。

洞爺湖のランチ・グルメ

プールでそこそこ遊んだあと、サンパレス周辺にある『海鮮ダイニング龍』へ。 サンパレスから車で5分程度・徒歩で15分程度の、ザレイクビューTOYA乃の風リゾートの向かいにあります。 喫煙可・駐車場有です。 洞爺湖 グルメ

海鮮ダイニングと書いてはありますが、豚丼もありました。 おそらく居酒屋で、ランチメニューは少なめでした。

注文をしてから約15分程度で到着。 私は1日5食限定の刺身定食1500円を注文。

豚丼 洞爺湖 ランチ

刺身定食 洞爺湖 温泉

このお店、相当おいしいです!! 豚丼も一口食べさせてもらいましたが、豚丼の常識を覆されました。

うまいうまい!!!!

接客態度がよければパーフェクトなのですが、接客態度はお世辞にも良いとは言えません。 刺身のつまが皿から垂れ下がって運ばれてきたことに、若干の憤りを感じましたw そこは飲食店なんだから、ちゃんとやろうよと個人的には思ってしまいました。

お店の人自体は良い人そうではありました。 そんなことを言っても、おいしいので高評価でした。

いざチェックイン

腹ごしらえを済ませたあとは、いざチェックイン!! お部屋は和室の湖畔の見えるお部屋。

最高!!!!! 洞爺湖 ホテル おすすめ

湖畔を眺めながら、日頃の喧騒から離れてかなりゆっくりすることができます。 水ってなぜか心が落ち着きませんか?

ぼーっと外を眺めていると、突然『どんっ!!』という音が!!! 事前に洞爺湖周辺の心霊スポットを読み漁っていた私は、ついに私も視えるときがきてしまったか。と思っていたらなんとかもめが窓辺にやってきましたw

かもめとしても場違いな場所へきてしまったと驚きを隠せない様子で、しばしキョトンとしていましたww 洞爺湖 ランチ おすすめ

次回は洞爺湖サンパレスの温泉と、遊覧船からの花火について書きたいと思います!

札幌から洞爺湖へのアクセス方法

交通手段 所要時間 料金 詳細
車(高速) 約2時間 片道大体3500円(通常料金) 詳細
バス(高速いぶる号) 約2時間40分 片道2,780円 詳細
JR 約2時間 片道5,250円 詳細

※私は札幌ICから、ちんたら車で80~100kmで行きましたが、高速で2時間半くらいかかりました。 サンパレスへは札幌から無料送迎バスが出ていますので、そちらが一番安価なプランかと思います。

 

★★この記事が役立ったと思ったらクリックお願い致します★★ 人気の旅行ブログや穴場なども見れます! にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 札幌情報へ国内旅行ランキング